新時代! 明らかに労働環境は変化している! その変化とは?

こんにちは!
なごみちです。

今回は、「労働環境」についてのお話しです。(2019年時点)

去年あたりから、労働環境は、どんどん変化していっているということで・・
まあ、「変化」というより「激変」という感じですが・・
そこで、どんな変化があったのか、いくつかとりあげてみます。

残業規制

まずは、「残業時間の規制」の話しです。

厚生労働省によると、
「残業時間の上限は、原則として月45時間、年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければ、これを超える事はできません」との事。

臨時的な特別の事情がある場合は・・
・ 年720時間以内
・ 複数月平均80時間以内
・ 月100時間未満
ということですが、いくつかの条件もあるので詳細を知りたい方はご確認を!

厚生労働省のホームページ

あなたは、大丈夫ですか? 

月45時間以上、残業していませんか?

「臨時的な特別の事情」がなければ、これを超える事はできませんよ。
そもそも、「臨時的な特別の事情」とは、どれがそれに当たるか確認しておいた方が良さそうですが・・

でも、いいですよね。残業が減るのは・・

上司がいれば帰れない・・なんてことも無くなりますしね。

決められた残業時間を超えると「違法」ですから、堂々と帰っていいんです!

これを契機に「ブラック」が減る事を祈るばかりです。

でも、一方で・・、

「給料ダウン」・・「収入」は減りますから、その部分はどうにかしないと・・

副業・兼業の推進

・・ということで、「副業・兼業の推進」の話しです。

いまや、時代も「副業・兼業の推進」の流れになっていますよね。

厚生労働省のホームページにも「副業・兼業の促進に関するガイドライン」
なんていうのが出ていますから・・時代はその方向に向かっているのは明らかです。

裏を返せば、「いつまでも会社に寄りかかっていないで、自分の力で稼ぎなさい」という意味でもありますから、今から、自分で「稼ぐ力」を身につけましょ!


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

「えっ、あなたの会社、まだ副業禁止しているの?」
という会社・・乗り遅れ注意ですぞ。

有給義務化

次に、「有給義務化」の話しです。

「義務化」ですから、有給をとれない職場は「違法」になっちゃいます。

今まで、「休みでも、仕事が気になってしょうがなかった」という人は・・

これからは、ゆっくり羽をのばしてください。

でも、お上から「休みなさい」と、有給が義務化されなければ休みが取れなかった、というのは、ちょっと寂しい話しですね。

人手不足倒産が急増

次は、「人手不足倒産が急増」の話しです。

実際、人手がなくて倒産するというケースが増えているようです。

人手不足関連倒産は、前年度より「28.6%増」だそうですから、これからも、ますます深刻な話しになっていきそうです。

どこの企業も人手不足は深刻なようですが・・・

賃金アップの流れ

一方で、時給を上げれば、不思議と人は集まってくるようです。

ZOZOは、「2000人のアルバイトを大量採用して、時給も最大1300円に!」
なんて話しもありましたね。

この賃金アップは、労働者にとってありがたい傾向ですから、他の企業も同じ流れにのってほしいものです。

45歳以上のリストラが流行

今度は、「リストラ」の話しです。

ある有名企業で、結構あるようです・・リストラ・・それも45歳で・・

45歳という年齢、給料が一番高くなる年齢?になるのですかね?

そうであったら、まだ年功序列の関係が、残っているってことですね。

今までは、55~56歳くらいで役職定年になったという会社の話しは、聞いたことがありましたけど・・

45歳でリストラ・・ダメでしょ!

終身雇用の終了宣言

トヨタの社長と経団連会長が「終身雇用終了宣言」をしたのが話題になっていました。

「まだ、終了していなかったんだ・・」って感じですが、これで公式に終了したってことですかね。

同一労働同一賃金

これは、本格的にはこれからの話しですが・・・

要は、正規・非正規の差が縮まっていく話しですね。

正規・非正規、どちらが基準になって、どちらに合わせるのか?が気になりますね。

まとめ

では、今までの話しをまとめてみます。

☆これからの時代、既に無くなったこと、また無くなっていくことが、想定されるものは・・

・年功序列

・終身雇用

・有給を取らない事

・過酷な残業

・正規・非正規の格差

・ブラック企業

・今までと同じ給料(サラリーマン)・・無くなるというより減る・・

・定年や年金についても今後の動向が気になります。

これからは、給料をもらうために・・

理不尽な攻撃に対して・・

しなくて良くなるでしょう。

新しい働き方・生き方は・・

・残業を減らして休みを取りなさい。

・同一労働同一賃金です。

・正規・非正規は無くなります。

・魅力のない会社は消えていきます。

・会社はあなたをずっと面倒見るとは限りません。

・自分で稼いでください。

もっと・・自由になれます!

起業する人も増えるでしょう!

気づき・・これからの時代は・・

安定・安心は、幻想にすぎないという事です。

自分が変化するからこそ、人間は安定しているのです。

不安定を受け入れ、変わりゆく自分を楽しまないと人生の質は高まりません。

逃げるから苦しくなるのです!
自分で「稼ぐ力」を身に着け、継続的に、仕事に向かってチャレンジしていくことが重要です。

今まで、忘れていたものが、追える時代・・

そうなっていってほしいものです。

追伸

今までの働き方を、LINEスタンプでも表現してきましたが、

サラリーマンのやるせない日常

時代も大きく変わって、今までの働き方は‥

されていく流れにあります。

これからの、働き方・生き方の・・

ですから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました