水溶性ビタミン

スポンサーリンク
からだ

ビタミンC(アスコルビン酸)

概要 ビタミンCは、壊血病を予防する成分として発見された有機酸である。 別称のアスコルビン酸という名前は、壊血病(スコルブート)に由来する。 ビタミンCは、水溶性ビタミンである。 ほとんどの哺乳類動物はビタミンC...
からだ

パントテン酸

概要 パントテン酸は、生物界に広く分布する栄養素で、ほとんどの食品に含まれる。 細胞内で、糖質や脂質が燃焼する際に欠かせないコエンザイムAやフォスフォパンテティンの構成成分でもある。 水溶性ビタミンである。 グループ :...
からだ

ビオチン

概要 ・ ビオチンは、皮膚炎を予防する成分として発見された水溶性ビタミン。 ・ また、ビオチンをビタミンHと呼ぶことがある。 ・ 皮膚や髪の健康だけではなく、無気力やうつ病を抑えるビタミンでもある。 ・ グループ : ビタミンB群...
からだ

ビタミンB12(コバラミン)

概要 ・ 悪性貧血を予防することから発見された水溶性ビタミン。 ・ その中心にコバルト原子を含む。 ・ ビタミンB12には、メチルコバラミン、アデノシルコバラミン、ヒドロキソコバラミン、シアノコバラミンの4種がある。 ・ 主にサプ...
からだ

葉酸(フォーリックアシッド)

概要   ・ 化学名:プテロイルグルタミン酸。 ・ ホウレンソウの抽出物から発見された水溶性ビタミンB群の一種。 ・ グループ : ビタミンB群 友達関係 : ビタミンB12、ビタミンM,U因子、ビタミンBc ・ ビタミンB12ととも...
からだ

ビタミンB6(ピリドキシン)

概要 ・ 皮膚炎を予防することから発見された水溶性ビタミン。 ・ ピリドキシン ・ ピリドキサール ・ ピリドキサミン   の3種類を総称してビタミンB6と呼んでいる。 ・ 日本人の食生活の欧米化に伴い、積極的な摂取が求められ...
からだ

ナイアシン

概要 ・ 水溶性ビタミン。 ・ ナイアシンには、    ニコチンアミド(ナイアシンアミド)    ニコチン酸    の2種類があり、これらを総称してナイアシンと呼ぶ。 ・ かつては、ビタミンB3とも呼ばれていた。 友達関係 :...
からだ

ビタミンB2(リボフラビン)

概要  ・ 水溶性ビタミンで成長促進作用をもつ。  ・ 皮膚や粘膜の発育や機能維持と深いかかわりがある。  ・ 抗酸化作用がある。  ・ ダイエットにも有効なビタミンである。  ・ 腸内細菌によって体内で合成される。 友達関係 ...
からだ

ビタミンB1(チアミン)

概要    ・ 米ぬかから発見された水溶性ビタミン。  ・ 腸内細菌によって体内でも合成される。 友達関係 : 糖質 ・ 補酵素として糖質の分解を促進する。 働き ・ 精神を安定させる。  ・ 心臓の機能を正す。  ・ 食欲増進させ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました