ゴールデンウィークマジで誰得なの?大型連休やめませんか?

こんにちは!
なごみちです。

2019年、ゴールデンウィーク真最中の今日です。

この大型連休(10連休)は必要なの?
・・なんていう議論が、テレビの番組などでも話題にされています。

大型連休はだれが得するの?

それは経営者層?・・

繁忙期は利益が増えるから・・

労働者には、特に大きく還元しなくていいから儲かる・・

そもそも休みを取るのは労働者で、休みをとった労働者が割高に消耗しているのでは?

そもそも、一斉に休む必然性は何?

諸外国では大型連休は無いそうです・・

なぜかというと有給を長期でとれるから・・

日本もそれで良くないですか?・・

お上が休みを決めるのはナンセンス!

そうなんですよ。
日本では、有給がとれないのか、とらないのか・・
いずれにせよ、有給が取りづらい環境にあるのは間違いないです。

実際、自分が有給を取る時には、上司に・・

「すみません。お休みいただきます。」
なんて・・

「すみません」という言葉が先に付く・・

ですよね・・

ですが・・どうしても・・

有給をとるとまわりに迷惑がかかる・・

申し訳ない・・

という気持ちが先立つ・・
(実際は、本人が気にするほどでもなく、仕事はちゃんとまわっていますけどね・・)

それが、諸先輩方から受け継がれたマインド・・日本の文化・・なのかも?

そんな文化があるから、休みを国で決めてもらえば、土日・祝日を休めるサラリーマンにとってみれば、非常に休みやすいだろうし、特に大型連休は嬉しいものなんでしょうかねぇ。
混雑することがわかっていても・・

普段は、1日中会社に縛られているサラリーマンですから・・

大型連休は・・

「自分の時間を自由に使える日」

ととらえて、有意義に使いたいですね。

別に、出かけなくてもいいじゃないですか。

家族サービスをするのに、いい機会だからどこか旅行でも・・と考えてしまう・・

気持ちは良くわかりますが・・

金銭的にも、体力的にも割高に消耗するだけです。

「与えられた休み」だから、そうなるのでしょうかねぇ。

自分で自由に有給がとれれば、もっと「休みの使い方」が上手くなるのかもしれません。

これからは、新しい時代ですから・・

そろそろ目を覚ましましょ!

「自分の時間=自分の人生」

ですから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました